Q&A(よくある質問)
   
取り扱い製品 に関する事
         
申し訳ございません。ただ今準備中です。
 
 
   
 
照明器具の[電気用品安全法]に基づいた製造代行 に関する事
         
Q1 外国で販売している照明器具は、日本では売れますか?
A1 売れません。日本で売るには、『特定電気用品の製造認可(ひし形PSE)』および『特定電気用品以外の電気用品の製造認可(丸形PSE)』の取得も含めて、電気用品安全法に従って、製造しなければなりません。
   
Q2 電池を使った照明器具は、電気用品安全法を守らなければいけませんか?
A2 守らなくても製造できます。したがってPSEも取得しなくても大丈夫です。電気用品安全法を守らなければならない照明器具は、基本的に日本国内で100Vコンセントに接続して使用される製品になります。
   
Q3 以前、「ひし形PSE」を取得している特定電気用品『A』があるとします。今回、特定電気用品『B』の「ひし形PSE」を取得しようと思うのですが、『A』と『B』は、機能が非常に似ています。この場合でも『B』は取得しなければなりませんか?
A3 「特定電気用品」の場合、電気用品安全法によって、「特定電気用品」の中でも細かく型式分けされており、その区分の「ひし形PSE」を取得すれば、同じ区分の「特定電気用品」は、届出の必要はありません。
しかしながら、電気用品安全法の規格は、全て満たさなければなりません。
   
Q4 以前、「丸形PSE」を取得した特定電気用品以外の電気用品『C』があるとします。今回、特定電気用品以外の電気用品『D』の「丸形PSE」を取得しようと思うのですが、『C』と『D』は、分類的に同じような照明器具になります。この場合でも『D』は取得しなければなりませんか?
A4 「特定電気用品以外の電気用品」の場合、電気用品安全法によって、「特定電気用品以外の電気用品」の中でも細かく型式分けされており、その区分の「丸形PSE」を取得すれば、同じ区分の「特定電気用品以外の電気用品」は、届出の必要はありません。しかしながら、電気用品安全法の規格は、全て満たさなければなりません。
   
Q5 照明器具の製作教室は『電気用品安全法』を守らなければなりませんか?
A5 守らなければなりません。
自分で製作して自分で使用するような「製作教室」の場合でも、『電気用品安全法』に基づいて製作しなければなりません。